ボランティア

2007/02/24

社会貢献ビジネスそして日曜、横浜アリーナでフリマ

21日(水)、夜8時35分からの

NHKテレビ「クローズアップ現代」をみました。

最近、フェアートレードという若者たちがパソコン一つで

起業しボランティアから仕事をはじめることが話題になっています。

単なるボランティアにとどまらず、フェアートレドを推し進めたかたちで

採算の取れるビジネス。

これを社会貢献ビジネスと呼ぶそうです。

私は、若者ではありませんが、

このような社会貢献ビジネスというものを目指しています。

若くもなければ、自分ひとりの時間を有意義に使えるわけでもないのですが

意欲や情熱だけはあります。

どこからそのような意欲や情熱があるの?

それはどうして?

と、問いかけられても簡単には説明できません。

今日このブログで説明するには話が長くなりすぎるので省略しますが…

去年の秋でした。

インド女性自立津支援の資金調達のため「あしたの会かわさき」の会員で菅フリーマーケットをする予定でした。

残念ながら、天候が悪く開催が延期になりました。

その後、延期の日にやる予定だったのですが、会員が各自忙しく集まることができず、

結局フリマで資金調達することができませんでした。

私自身も奈良で法事があったので最初からこのフリマには参加できませんでした。

今も活動できる会員は少なく…でもなんとかお金を集めたいと思い、

私、一人ですが…

25日(日)横浜アリーナでフリマ初出店をすることにしました。

今年に入ってからあまりブログを更新していなかった理由は、

フリマの商品作りをしていたためです。

一人で作って売るのはたいへんですが、

以前、奈良に住んでいるとき、

奈良町あしびの郷でも一人でフリマをした経験があります。

度胸だけはあります!(爆笑)

その後、奈良や大阪の近鉄デパート、大阪駅の大丸百貨店にも手作り店で日本刺繍や和の小物作品を売りました。

以前の経験はちょっと置いといて…

みなさんに今回作った商品を見ていただこうかなと思います。

Img_0478 「LOVE」は、ビーズクチュールで

刺繍したものです。

ほかのは、ビーズアクセサリーです。

いろいろな色や形ののバックで、

ストラップとして使います。

グリーンのネックレスも一つあります。

Img_0477 こちらはケータイストラップですね。

写真をクリックしてください。

大きくなるはずです。

たぶん…

はい、ではどんどんいきましょう!Img_0480                   こちらは、もうわけがわからないほど、ごちゃごちゃです。

真ん中の緑の花は、ビーズ刺繍。

あとは、ビーズアクセサリーのネックレスやブレスレットやイヤリング、いろいろです。

あとは、和にいきましょう。

大島のコースターです。

いっぱい作りました(笑)

Img_0481

そして、下の写真が針刺しです。

Img_0485

一番手前の小さくて縫い針が三本さしてあるのが、

ふだん私が使っているものです。

ほかの四つは今日2時間で作りました。

この針刺しは、手前に向いているのですごく使いやすいです。

和の布はなごみますね^^

古着ももちろん売りますよ。

さてさて、商品を入れる小袋も必要ですが、

買うとなるとそれなりにお高いです。

「どうしょうかなぁー」、「困ったなー」とぼんやりしていたら、

ふと良い考えが浮かびました。

イタリアに行ったときもらってきたファッション雑誌を

やぶって大小の小袋を作りました。

やぶるというのが結構大胆です。

わたしらしいか(笑)

ふちをギザギザに切ったらオシャレっぽくなりました。

Img_0470

なんだかやる気出てきました。

「やるぅぞぉぉぉーーーーー!!!」ってかんじ。

突撃でーす!

売れても売れなくても、もう精一杯やるしかありません!

社会貢献ビジネスはフリマから(あ!言っちゃった!)

決戦は、25日横浜アリーナ

10時~16時まで。

お暇な人、そうでない人、関心があってもなくても

来てくださいね^^

お待ちしていまぁーす!

和有庵(NAUAN) 庵主     日津子より   

 

2007/02/18

2月18日 NHK で「あしたの会」活動が放送!!!

☆緊急連絡☆

 2月18日(日)  午後6時から

海外ネット 「インドのすべての人に教育を」 

インド現地の「あしたの会」活動が NHKで放送されます。

インドのモデイさんから連絡がありました。

_______________________________________________________

「あしたの会・かわさき」のホームページは、

こちらです。

http://members2.jcom.home.ne.jp/osamurak/


全国放送だと思いますので、

みなさま、ぜひ見てくださいね。

宜しくお願いします。

                 日津子

Img_0449_1

2006/12/19

OKバジと美味しいパーティーグッズ

OKバジとパーティーグッズ

今年の夏、神奈川県川崎市の公立学校で

ネパールでボランティア活動をされている

垣見一雅さんの講演会行ったのが縁で

昨日、垣見さんの息子さんから嬉しいメールを戴きました。

上の写真は、垣見一雅さんの本「我らのOKバジ」(日本語版)です。

垣見さんは、1939年東京大田区に生まれ

早稲田大学を卒業後、英語と数学の教師を務め

1987年エベレストを見るために

トレッキング中に遭遇した雪崩がきっかけでネーパルに深い縁ができました。

その後、ネパールの極貧困者の生活改善のための支援活動をはじめました。

<我らのOKバジ>より

さて、その嬉しいメールです。

(このメールの公開は垣見さんの息子さんに了解を得ています)

+++++++++++++++

突然ですが、12月27日午後6時半からテレビ東京で放送される
「徳光和夫の世界感動スペシャル」の中で、
OKバジとその家族が登場します。
内容は「ネパールのおじいちゃんに会いに行く!」

という内容のドキュメントで、
主役はあくまでもOKバジの孫ですが、
OKバジ本人も登場しますので皆様にお知らせさせていただきました。
4つの話のうちの2番目だとのことで、
おそらく7時以降の放送になると思います。
ご興味のある方はご覧になってください。

この撮影のきっかけは今年の6月にさかのぼります。
また、テレビガイドには既に放送予定として掲載されていますが、
これまでの経験上、皆様にお知らせするのは放映が確定した段階がよいと考えていま
した。
本日10時、番組製作会社担当者から
「現在編集中ですが、予定通り放映します」
との知らせを受けましたので、このメールを送信した次第です。

余談ですが、OKバジは自分の孫がネパールに
来ることを知らされていなかったので、とても驚き、喜んでいました。
私宛の手紙の中にも、
「15年のネパール生活の中でトップ3に入る驚きでした」
と書いてありました。


以下HPにも放映の紹介をさせていただきましたが、
更新作業の都合で、このメールの数日後のアップになります。
http://www.tihal.com/OK/okbaji.html


皆様のお知り合いに、OKバジを支援してくださり、
パソコンをお持ちでない方がいらっしゃいましたら
お知らせしていただければありがたいです。
以上、どうぞよろしくお願いいたします。

++++++++++++++
ネパールでボランティア活動されている
垣見おじいちゃんとお孫さんとの感動の対面、
想像するだけでいまからウルウルしそうです。
皆様もぜひぜひご覧くださいね。
OKバジとパーティーグッズ

さて、話は変りこちらの写真は、プリングスのポテトチップスです。

でも、いつものポテトチップスとはちょっと違います。

どこが違うかというと…

このチップスは、「王様ゲーム入り」と書かれています。

プリントされたチップスが、1缶につき約40枚入っていています。

ただし、すべてのチップスにプリントされているとはかぎりません。

遊び方例 推奨人数:4名以上

ジャンケンなどで王様を決めます。

王様は取り出したチップスに書かれた内容を仲間に指示することができます。

注意書き

*推奨対象年齢:15歳以上

*常識の範囲以内で遊んでください

そのチップスに書かれている内容は…

≪右隣の人がみんな笑うまで面白い話をする≫

≪右隣の人が自作のダンスを披露する≫…etcです。

これからクリスマスパーティーや忘年会、新年会などで

このチップスを食べながらみんなで盛り上がってはどうでしょうか。

私は、週末に忘年会があるのでこのお菓子をさっそく持って行こうと思います。

♪こんな楽しいお菓子でパーティを盛り上げましょう♪

          和有庵(NAUAN)

2006/10/17

インド女性の自立後押し

インド女性の自立後押し

読売新聞神奈川県地方版より

2005年(平成17年)6月8日(木)

■川崎市

インドの女性たちの自立のため、

識字教育などの支援活動を続ける国際ボランティアグループ「あしたの会かわさき」をご存知でしょうか。

桜美林大学の講師だったインド人、アーミン・モディ女史の呼びかけを受けて

1997年に発足したNGOで、メンバーは市内などに住む20~70歳代の32人。

会長の長村秀一さん(70)によると、

インドでは教育面の男女差別が続いてきたため、

成人女性の半数近くが自分の名前も書けず、

家庭に閉じこもるようにして暮らす人も多いという。

メンバーたちはたびたびインドを訪れては、

女性や子供の暮らしぶりを観察し、日本との橋渡しに努めている。

支援の対称にしているのは、

インド南西部のプネー市周辺の村々。

長村さんは「子供たちが地面に小石で字を書いて勉強しているのを見て、思わず涙が出た」と振り返る。

こんな体験を川崎市内の小学生たちにはなしたのがきっかけで、

要らなくなった鉛筆やノートを集めてインドに送る活動が始まった。

昨年秋には、寄付金で現地に建設していた「女性センター」が完成。

ここで識字教育や、ミシン縫製、家畜の飼育といった職業訓練を行い、女性たちの社会参加を後押ししているという。

少しずつ自身をつけた女性たちは、生活改善を考える集会を開き、

「夫の飲酒を抑えるいい方法は?」などと話し合ったりもしているそうだ。

自分の生き方は自分で築くもの。

その手助けをできることは素晴らしいことではないでしょうか。

          **********

「あしたの会かわさき」のHPを見ていただけたら幸いです。

http://members2.jcom.home.ne.jp/osamurak/

計画の中の一部として日本刺繍の普及もあります。

現在、日本で作り手の少ない日本刺繍の作成のため、

伝統文化を絶やさないため…

インドの女性に手助けしていただけたら私なりに考えています。

                 和有庵(NAUAN)

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

刺繍・大日如来ができるまで

  • 080704_13420001
    2008年1月25日(金)台張り~7月5日(土)仕上げ