« 夏越の大払いで幸運ゲット~☆ | トップページ | 家康のからくり時計 »

2007/07/01

「殯(もがり)の森」・特別披露試写会の感想

先週6月24日、奈良で

河瀬直美監督、カンヌ・グランプリ受賞作

「殯(もがり)の森」の特別披露試写会を「なら100年会館」で見てきました。

泣けました! すっっっ~んごく良かったです!

Img_2161 試写の前に

2日前、12歳になったばかりの坂牧春佳さんの紹介がありました。

緊張した雰囲気がただよう会場でしたが、

彼女は、ものおじしないで音の無い「間」という音楽をとても大切にしていました。

テーマ曲は、森の中で録音されたそうですが、

森の中で、ピアノを弾き始めたら涙が出たそうです。

彼女が言うには「森の中で寂しいのでもなく…怖いわけでもなかった…

ただ、自然に涙が出てきた…」

もう…その言葉をきいただけで鳥肌が立ちました!

河瀬監督も彼女のことを「天才」と賞賛していました。

監督は、「春佳さん…」と言って敬語で話されていて、

いかに彼女の演奏を褒め称えているかがよくわかりました。

私は、プレミアムセットという

4点セット(パンフレット、CD、田原地区のお茶、フレグランス)を買いました。

Img_2166

坂牧春佳さんの直筆のサイン入りCDです!

将来、価値出るかも!!!小学生とは思えないほどの大人びた字でしょう!

でも、ごくごく普通の女の子といった感じでした。

あと、特別披露試写会の券には映画で使われたフィルムの1コマが付けられていました。

Img_2167

このフィルムの写真をとるのに苦労しました。

蛍光灯の下では光が強すぎて写せず、

ベランダに出て自然光でうつしました。

音楽もとても素敵でしたが、

とりわけ奈良の自然、映像がとても素晴らしいものでしたよ!

主人公のしげきさんはど素人(笑)だそうですが、

そんなことを全然かんじさせない

自然な演技でとてもよかったです!!!

試写の後、監督としげきさんのトークがありました。

撮影時には監督と演技者の間に険悪な状態も多々あったそうですが、

監督自身が撮影中、

しげきさんと真千子さんのあまりの自然な演技にカメラを回しながら涙されたこともあったそうです。

試写会のあと、ロビーでしげきさんと握手してもらいました。

あのラストシーンで森の土を掘った手かと思うと…

感慨もひとしおでした。ほんとうに良かったです!!!

ひさしぶりに大いに満足する映画を見ました。

日津子、いち押しの映画ですよ!

             和有庵(NAUAN)

« 夏越の大払いで幸運ゲット~☆ | トップページ | 家康のからくり時計 »

「文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

日津子様
こんにちは、殯の森 何だか心が動きますね
私は婆ちゃん子で、もがり と言う言葉は
聞いた事が有るんです、はっきり解りませんが
 喪が上がる と言うように聞きました
それを、もあがりではなく、縮めて、もがり 
と婆ちやんが、一度見てみたいです。

日津子様 こんにちは
テレビでもかなり有名になった作品ですよね。
監督も普通の女の方に見えるのにとても才能がある方だと聞きました。
日津子様一押しですか!
時間を作って見に行きたいですね^^

☆jyunshoさま こんばんは
さすがにjyunshoさまのお婆さまですね!
「殯(もがり)の森」のパンフレットを開いたら
一番最初のページにこのように書いてあります。

『尊う人の死を惜しみ、しのぶ時間のこと
また、その場所の意
語源に「喪あがり」喪があける、意か。』

河瀬監督も子供の頃にお婆さまに育てられたようです。
お父さんとも生き別れで、jyunshoさまと似た境遇だったのかもしれませんね。

おばあさまから死生観をしぜんと学ばれたのかもしれません。

私もある時期、祖父母と3人で暮らしたことがあり
河瀬監督の心情をなんとなく感じ取ることができます。

__________________

☆マヤmamaさま こんばんは
試写会で見た河瀬監督はごく普通の女性といった感じでした。
気取らずにきさくで楽しいトークでした。

関西のワイドショーでゲスト出演されているのをたまたま見ましたが、出産後自分の胎盤を食べて「美味しかった!」という発言にはあっけにとられて腰抜かしましたぁ!(笑)
まわりのタレントさんも思わずひいてましたねぇ~

でも、河瀬監督の美意識は並々ならぬ崇高なものでした。
更に今後のご活躍を期待したいと思います。

こんばんわ。フォト藏からです!
ブログ拝見いたしました。心穏やかになりますね。

殯の森”特別披露試写会でもうご覧になられたのですね!
坂牧春佳さんの直筆のサインまでゲットして、羨ましいです♪
いつごろ此方で鑑賞出来るか分かりませんが、早くみたいです。

標葉さま こんばんは
いつもフォト蔵ではお世話になっています。
有難うございます!
「殯の森」たまたま縁があって試写会を見に出かけました。
ちなみに河瀬直美監督の直筆サイン入りパンフレットもゲットしました。やったぁ~
ピアノ演奏やトークショーもあってかなり幸運でした。
ぜひ、ぜひ「殯の森」見てくださいね^^

日津子様
忙しいのに、時間をとても上手に使われて、奈良にいる少しの時間で、今話題の映画をそんなにもラッキーに見られるなんて、すごい強運の持ち主・・・
私も絶対に見ますね。ただ、映画では見れないかも・・・
DVDが出た時には一番に借りて見ますね。
河瀬監督にもすっごい興味があります。
普通の人に見えるのに、何を考えているかわからないギャップが好きです。
個性的な人にあこがれます。
こんな素晴らしい方が奈良におられて、奈良を紹介される・・・
うれしいな!!

みゆきさま こんばんは♪
私も自分自身の強運に驚いています!!!
母が入院することになって
自分自身の健康を取り戻せました。

じつは、2年前脳梗塞になると東京の有名なスピリチィアヒーラーの方に言われていました。

まさかと思いつつもマウスを持つ右手はしびれが日に日にましてきていましたし、
また軽い言語障害になっていました。
右耳も聞こえにくく自分が言った言葉が飛んでしまって…他人の話も何を言っているのかわかりませんでした。

劇的にあの健康補助食品と出会えたのはもう強運以外のなにものでもないと思います。

話がそれましたが、「殯の森」BSでもそのうち放映するかもしれませんね。
奈良の人が奈良の素晴らしい自然や文化を発信しているなんて本当に凄いことだと思います。

みゆきさまもその一人ですね。みゆきさまと出会えたことも強運でした♪
これからも奈良のこと、人生のこと、健康補助食品のこといろいろ教えてくださいね。

お久しぶりです。
そんなにすばらしい映画ですか!
それならば、ぜったいに私もみます。
そして感動します。
まあ、このブログで感動の半分はクリアしましたけど。

聖子さま お久しぶりです!(●´∀`)ノ+゜*。゜喜+゜。*゜+

短く言うと…認知症の男性と介護師の物語です。ほんと短い!

私の母(脳腫瘍)と介護師の娘が重なりあって見えてしまいました。
きっと聖子さまも共感されると思いますよ。

生と死のはざまで懸命に生きる命!

バッグに流れるピアノの音色と奈良の景色がきっと心癒されますよ。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏越の大払いで幸運ゲット~☆ | トップページ | 家康のからくり時計 »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

ウェブページ

無料ブログはココログ

刺繍・大日如来ができるまで

  • 080704_13420001
    2008年1月25日(金)台張り~7月5日(土)仕上げ